オスカーの栄冠は誰の手に! 第89回アカデミーノミネーション発表!

  

リストにノミネートを逃した俳優陣をうっかり公式ページ載せてしまうという“うっかり”騒動からスタートした、第89回アカデミー賞のノミネーション、2016年、映画界を盛り上げた作品、俳優、女優等が発表されました。

 

最多ノミネートとなったのは、作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、脚本賞など13部門14ノミネートされた、ライアン・ゴズリング&エマ・ストーン主演のミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』(デイミアン・チャゼル監督)。次いでバリー・ジェンキンス監督の『ムーンライト』、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の『メッセージ』が8部門、メル・ギブソン監督の『Hacksaw Ridge(原題)』、ガース・デイヴィス監督の『LION/ライオン~25年目のただいま~』、ケネス・ロナーガン監督の『マンチェスター・バイ・ザ・シー』が6部門と候補に名を連ねています。

 

やはり、 「タイタニック」と並ぶ史上最多タイ14ノミネートされている『ラ・ラ・ランド』が大本命ではないでしょうか。この作品はすでにゴールデングローブ賞作品賞を受賞しており、監督は衝撃的な音楽映画『セッション』を手がけた新進気鋭。「シカゴ」以来のミュージカルの作品賞獲得となるか、注目されています。ただ、評論家からは圧倒的に支持を受けている『ムーライト』も評判がよく、この2作品がデッドヒートの予感です。

 

私が注目しているのは主演女優賞。個人的に『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』で、ケネディ大統領夫人・ジャクリーン・ケネディを演じたナタリー・ポートマン。「ブラックスワン」以来、2度目の受賞いなるか!こちらは大本命の声もあがっている中、『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーン、『エル(Elle)』のイザベル・ユペールの三つ巴の大混戦となりそうです。

 

 

主要4部門のノミネートはこちら

 

【作品賞】

 

「メッセージ」
「Fences」
「ハクソー・リッジ(原題)」
「最後の追跡」
「Hidden Figures」
「ラ・ラ・ランド」
「LION ライオン 25年目のただいま」
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
「ムーンライト」

 

【監督賞】

 

ドゥニ・ビルヌーブ「メッセージ」
メル・ギブソン「ハクソー・リッジ(原題)」
デイミアン・チャゼル「ラ・ラ・ランド」
ケネス・ロナーガン「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
バリー・ジェンキンス「ムーンライト」

 

【主演男優賞】

 

ケイシー・アフレック「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
アンドリュー・ガーフィールド「ハクソー・リッジ(原題)」
ライアン・ゴズリング「ラ・ラ・ランド」
ビゴ・モーテンセン「はじまりへの旅」
デンゼル・ワシントン「Fences」

 

【助演男優賞】

 

マハーシャラ・アリ「ムーンライト」
ジェフ・ブリッジス「最後の追跡」
ルーカス・ヘッジズ「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
デブ・パテル「LION ライオン 25年目のただいま」
マイケル・シャノン「ノクターナル・アニマルズ(原題)」

 

【主演女優賞】

 

イザベル・ユペール「エル(原題)」
ルース・ネッガ「ラビング 愛という名前のふたり」
ナタリー・ポートマン「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」
エマ・ストーン「ラ・ラ・ランド」
メリル・ストリープ「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」

 

さて、日本人が関わるニュースも。

長編アニメーション賞にノミネートされた『レッドタートル ある島の物語』はスタジオジブリとして初めて海外と共同製作された作品です。日本では2016年9月17日に公開され、セリフがないことで知られています。

また、1/22にも当サイトで紹介した『沈黙 -サイレンス-』が撮影賞にノミネートされました。

 

こちらも楽しみですね。

 

 

タグ: , ,
« »