実は先祖の命日に行われる法要。幻想的でにぎやかなお祭り、東京池上本門寺「お会式」とは?

  

お会式というお祭り、ご存知でしょうか。お会式は元々、先祖の命日にちなんで、全国各地で行われる法要のこと。実は、宗派にとらわれず、法会の儀式という意味で、全国各地で行われています。その中でも、日蓮宗大本山でもある池上本門寺では、毎年、約700年前に亡くなられた日蓮聖人の命日である10月13日を中心にお会式が行われます。もちろん全国に日蓮宗寺院はあるので、各地でお会式は営まれますが、日蓮聖人御入滅の霊跡である池上本門寺のお会式がもっともにぎやかです。

 

池上本門寺では、3日間かけてお会式を執り行うのですが、いったいどんな法要なのでしょうか。

  • 11日
    歴代先師聖人並びに池上法類・池上護山会先師報恩法要
  • 12日
    10時頃 宗祖御更衣法要で聖人の御衣を夏物から冬物の御衣にあらためる
    14時頃 宗祖報恩御逮夜法要で全国から参詣者が大堂に参集
    20時頃 池上徳持会舘から本門寺までの約2キロにわたる「万灯練り供養」
  • 13日
    19時頃 臨滅度時の鐘が打ち鳴らされる

なんか、仰々しいワードが並んでしまいましたが、堅苦しいこと無し、ほとんどの人が、万灯練行列見物を屋台をお目当てに来ているといっても過言ではないでしょう。

まず、12日の見どころの万灯練行列ですが、日本全国から集まった3000人以上の日蓮宗の信者が、しだれ桜のように仕立てた花を飾りつけた万灯を持って、池上駅から本門寺本堂までの約2キロを歩くもの。メインイベントの万灯練りは、12日18時から23時まで。他の日は行わないので、絶対見逃さないで! たくさんの万灯が夜道を練り歩く様は圧巻です。毎年この日が一番混雑するのですが、池上駅周辺から池上本門寺本堂までの間、どこでも見ることが出来ますよ。ちなみにこの日は、地元の子供達は夜更かしOK(笑)らしく、一緒に練り歩きます。

 

そしてもうひとつのお楽しみは屋台。種類も多く、にぎやかで、大通りを埋め尽くしても足りないくらいの数が出店します。大通りだけでは足りず、脇の道にも屋台が出現するほど。お好み焼き、たこ焼き、綿あめなど定番モノから、国際色豊かなモノも人気。ケバブとか、トッポギとか、対ラーメンとか……。お会式もかなりグローバル化が進んでいます(笑)。最近大流行のB級グルメも豊富だそう。

 

池上本門寺は、ライブやホタルの夕べなど、年間を通して色々なイベントを開催しており、色々な人が気軽に遊びに行ける、そんなところ。まずはお会式で体感してみて。

 


池上本門寺お会式

 

開催日:2017年10月11日(水)~10月13日(金)
時間:10:00~17:00
場所:池上本門寺(東急池上線・池上駅下車)
例年の人出:約30万人

タグ: , ,
« »