時の流れは酷なもの? 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』

  

日本でも大ヒット! 一大旋風を巻き起こしたブリジットが三度帰ってきた!

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』

で、またまた大波乱のラブコメを堪能。前作『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』から12年ぶりにブリジットを演じるのは、やはりこの人、レネー・ゼルウィガー

 

一作目が30代だったブリジットもついに40代に。長年付き合っていたマーク(コリン・ファース)も別の人と結婚し、ダニエル(ヒュー・グラント)は事故死、いまだに独身生活を続けている・・・という所からスタート。でもご安心あれ。ちゃんとハンサムな男性と運命的出会いを果たし、元恋人も入り乱れ、お決まりの三角関係(もどき?)に発展します。

 

元恋人は引き続きコリン・ファースが、新しい彼氏・ジョーンズを、ワイルド的な魅力のパトリック・デンプシーが演じます。このパトリック、セクシー度Maxですので、そちらも楽しみのひとつ!

 

さて、内容ですが、、、とにかく笑いっぱなし。セリフを言えば下ネタばかり、アラフォー女性の会話がエグく、動けばオーバーアクションで、まるでギャグ。腹筋崩壊必至です。ただ、ただのオバカ映画ではありません。ちゃんと感動も与えてくれますよ。

 

アラフォー女性の願望がたっぷり詰まったラブコメディを見逃すな!

 


 

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期
BRIDGET JONES’S BABY(2016/イギリス,フランス,アメリカ)

監督/シャロン・マグアイア
出演/レニー・ゼルウィガー,コリン・ファース,パトリック・デンプシー 他

http://bridget-jones.jp/

タグ:
»