月に願いを! 11月14日の夜は空を見上げよう!!

  

通常よりも大きく光り輝く月、スーパームーンを見られる日が今年もやってきます。今年、2016年はどのようになっているのでしょうか。

 

2016年のスーパームーンは、11月14日の月曜日

 

この日の月と地球との最短距離は 356511 km! 2014年、2015年よりもさらに近く、ここ数十年においてもっとも大きく見える可能性が高いのです。今回ほど地球に近づくのは、1948年1月26日以来約70年ぶり、そして次にこれほど地球に近づくのは2034年11月25日だそう。NASA(米航空宇宙局)によると、スーパームーンは、月が地球から最も離れる地点にある満月より14%大きく、30%明るく見えるとのこと。その大きさと明るさは、地平線に近い地点に月がある時に、特に目立つといいます。

 

今回、月が最大に大きくなる時間は、日本時間で午前11時51分頃。残念ながら昼間なので、月は見えません。とは言え、この日は通常よりも月が大きく見えるので、ピーク時は見れませんが肩を落とさずに夕方以降空が暗くなったらスーパームーンを探してみて下さい。夕方から夜に掛けて月が見えやすくなった時間帯には、東から南東の方角を見ると月は探しやすいでしょう。

 

もし、スマホで写真を撮りたいのならば、最初に、ISOを高い数値にすること。シャッタースピードが速くなるので、脇をしめてしっかりスマホを固定し、ISO感度を200くらいに設定して撮影すると、結構、綺麗に撮れるそうです。あと、カメラのズーム機能は使わず、レンズに双眼鏡やオペラグラスをあてて拡大して撮る方がいいんですって。

 

大きなお月様は願い事をかなえてくれそう……でも、本当なのかしらん???

 

実は、月は満月に近いほどその力を強めると言われています。スーパームーンは満月(もしくは新月)の時を指しますから、願いごとが叶えられる確率も上がるかも知れませんよね。ちなみに、スーパームーンに向かってお財布を振るとお金が貯まる、と言われているそうです!

 

1年に1度ほどの周期でやってくるスーパームーン。2017年はスーパームーンのないシャイムーンイヤー。そして! 2018年のスーパームーンは何と1月1日なのだそうです。元旦に太陽の光を見て願掛けを行い、さらに夜にも月に願いごとができるとは、ご利益がありそうですよね。

 

 

タグ: , , ,
« »