クリスマスに旅立った、我が青春のクリスマスの申し子、ジョージ逝く

  

25日、ジョージ・マイケルの訃報が発表されました。そう、あの「ラスト・クリスマス」を大ヒットさせたワム!のジョージです。死因など詳細はご家族のことを考えてこれ以上の情報は明かさない方針のようですが、自宅で静かに息を引き取ったとのことです。

 

1963年ロンドン生まれ、1981年にアンドリュー・リッジリーとワム!を結成し、シングル『Wham! Rap』 でインディーズ扱いでデビューします。1983年にファースト・アルバム『ファンタスティック』を発表、シングル『Bad Boys』は全英2位、日本では日立マクセルのCMに使用され、本人たちも出演したことでも有名です。1984年にレーベルを移籍後発表したアルバム『メイク・イット・ビッグ』は世界的に大ヒット! このアルバムに収録いる『Freedom』『Careless Whisper』という名作が誕生しました。『Careless Whisper』は郷ひろみや西城秀樹がカバーしましたよね。同年に発表されたシングル『ラスト・クリスマス』は、現在もなおクリスマスソングの定番曲として親しまれています。

 

1986年には、「ユニットとしてやることはやりつくしたから」とのことからワム!を解散。これは表向きの理由で、実際は所属レーベルが当時アパルトヘイトを実施していた南アフリカ共和国と貿易を続けていることに抗議してという裏事情もありますが、この頃、ジョージがソロ活動を本格的に開始したことも解散の理由のようです

 

1987年、記録続きの大ヒットとなる、ソロデビュー後1stアルバム 『フェイス』 を発表。『I Want Your Sex 』や『One More Try』など名作を引っさげて日本ツアーをはじめ、ワールドツアーを成功させますが、2枚目以降は、レーベルとのゴタゴタで前作とほどのヒットになならず、ツアーも他の人のカバーが大半で、ソロデビュー後の曲は殆ど歌われなかったことにより、特に日本では酷評されました。最近では、ゲイであることをカミングアウトした、大麻所持で捕まったりと、お騒がせネタで名前が挙がるようになったりと動向が気になっているところの訃報となってしまいした。

 

我々世代では、クリスマスといえば、山下達郎の『クリスマスイブ』とならんで、『ラスト クリスマス』が定番中の定番。つい先日までも、あちこちで流れて耳にしていた人も多かったはず。私の友人はこの時期になると、ライブでは必ずといって『ラスト クリスマス』を歌うし。。。クリスマスの定番曲をヒットさせたジョージがクリスマスに天国へ旅立ってしまうとは、何の因果なのでしょうか。

 

ご冥福をお祈りします。

 

タグ: , ,
« »