初詣は、今話題のパワースポット「出雲大社」で古代に思いを馳せてみる

  

2018年の初詣、どこにお参りするか、計画はされているでしょうか。まあ、近場で~って言う人も多いでしょうが、たまには違うところで……という方には、話題のパワースポット・出雲大社に出かけてみてはいかがでしょうか。

 

出雲大社は「いずもたいしゃ」と呼ぶ人が多いですが、正式には「いずもおおおやしろ」。ご存知のとおり歴史は古く、日本最古の歴史書である古事記に出雲大社の起源が記されています。

 

かつて、出雲の地は大国主大神が治めていました。それを見た高天原(天上の神々の国のこと)の天照大御神は、出雲は我が子が治めるべきであると、出雲へ使者達を送ります。

 

しかし、使者たちは大国主大神を尊敬してしまって仕えたり、娘と結ばれたりと、一向に帰ってきません。

 

しびれを切らした天照大御神は、武力で解決しようとタケミカヅチとアメノトリフネという二神を送ります。そして大国主大神の息子と力比べの勝負をして勝利し、出雲の地を譲り受けることに。大国主大神は「国を譲る代わりに、高天原の御殿のような神殿を建てて欲しい。」と願い、神殿を立てさせました――。

 

この神殿が出雲大社の原型です。48メートルもの高さのある神殿と記載されていましたが、神話の上での話と思われていました。でも、2000年の発掘で古代の柱が出土し、この神話が事実だと証明されたんですって!

さてお参りですが、出雲大社と言えば、「縁結び」で有名です。縁結びというと、男女の仲がすぐに思い浮かびますが、さてお参りですが、出雲大社と言えば、「縁結び」で有名です。縁結びというと、男女の仲がすぐに思い浮かびますが、それだけではありません。

  • 人間関係
  • 仕事運
  • 子どもなどの家族運
  • 金運

などいろいろなご縁があります。特に、出雲大社のご祭神である、大国主大神は181柱の子宝に恵まれています。それにあやかって、安産や子だくさん、夫婦仲良くなどの御利益もあるんですよ。

 

ぜひ二礼二拍手一礼で御利益を分けていただきたいものですが、お参りは、まず御礼から始めましょうね。

 


 

出雲大社

 

住所:島根県出雲市大社町杵築東195
アクセス:一畑電車で出雲大社前駅から、徒歩約10分、出雲市駅→一畑バス[出雲大社・日御碕・宇竜行き]に乗り約25分 
※JR出雲市駅から出雲大社駅までは結構遠いので間違えないように注意が必要です
※車の方、年末年始には交通規制がありますのでご注意ください。

タグ: , ,
« | »