お正月用の食材Getしに、築地場外市場を攻略しよう!

  

みなさん、お正月用の食材、どうしていますか? 最近は三が日でもお店が開いていたり、おせち料理も作ったりするご家庭も減ってきて、お正月用の買い物に特別感がなくなってきているのが現状です。でも、やっぱりお正月食材はこだわりたい! と思っているあなた、思い切って築地場外市場に出かけてみませんか?

 

築地といえば、世界最大の魚市場。その場外市場は、世界中からもっとも美味しい魚介が集まり、、活気と魅力に満ちあふれています。でも、そもそもは、魚屋さんやお寿司屋さんなどが仕入れの目を競う場所。一般人がボサーっとしていると、市場の人に一喝されかねない……。そこで、年末の買い出しに向けて、“プロに怒られない”買出し方法をご紹介します。

 

1.業者の仕入れが終わった9時頃が狙い目

 

朝4時くらいから開店している場内市場の仲卸。「一般の方が買いに来るとしたら9時くらいから」と案内されていることが多いです。仕入れのお客さんはだいたい8時くらいには済ませることが多いので、そのあとなら、ゆっくり見られるかも。とはいえ、10時には閉店準備にかかるため、お目当てのものは、ぱぱっと買ってしまいましょう。

 

2.値段が書いてなかったら「キロいくら?」と聞いてみて。

 

値札がなくても心配することなかれ。気軽にお値段を聞いてみて。たいてい1kg単位でお値段が返ってきます。でも、小さいサイズや個数で売ってくれる店もあるので、相談してみましょう。ただ、値切るのはNGなので、気をつけて。

 

3.欲しい食材の専門店を探しましょう

 

築地の水産仲卸は、約700店。それぞれに「マグロ専門」「エビ専門」「干物専門」…といった強みがある店が多いのも特徴です。こうしたプロ中のプロの目利きに頼れるもの、市場ならではですね!

 

4.お正月用品も充実!

 

市場は「旬」を売る空間。これからの季節は、カズノコやタコなどお正月用の品揃えが充実してくるので、こちらはお見逃しなく。

 

さあ、築地でお買い物したくなったでしょ。でも場内、場外を問わず、築地周辺では、荷運び用のターレや大八車がかなりのスピードで走り回っているので、気をつけて。“プロの戦場”にお邪魔しているということを忘れずに、気遣いを忘れず、お買い物を楽しんでみてください。

 

 

☆築地場外市場ホームページはこちら
http://www.tsukiji.or.jp/

 

タグ: , ,
« | »