ピカピカな部屋で新年を迎えたい。大掃除のコツはこれだ!~リビング偏~

  

さて、今年も残すところ、あと5日あまり。大掃除を済ませないと、年が明けていまします。今回は、リビングまわりのお掃除のコツです。

 

リビング周りの大掃除でたいてい、窓ガラス拭き、実行する人が多いかと思います。窓をピカピカにして新年を迎える。もう定番ですよね。でも皆さん、忘れていませんか? 窓ガラスはきれいになったけど……。そう、サッシですよ、サッシ。これ、見てみない振り、しちゃっていませんか? 窓ガラスをきれいにしたなら、サッシも一緒にきれいにしたいのはやまやまだけど、サッシの溝にたまったほこりや泥。こまかい部分なので隅々まできれいにするのが難しいし、面倒ですよね。でも、家にあるもので簡単に掃除ができてしまうんですよ。

 

用意するものは、割り箸、古布、ぞうきん。

 

まずは、掃除機やモップなどでサッシやレールにたまったほこりやゴミをあらかじめ取り除いておきましょう。隅にたまった汚れには、割りばしの出番。古布を巻いて汚れをかき出してください。割り箸は、先が斜めにカットされているものがあればベスト。斜めになっていないはしなら、カッターで削って手作りする手もあります。あとは、ぞうきんで水拭きをすれば、完了。簡単でしょ。

そして! 隙間や細かいところをお掃除するのに便利なのは、ストッキング。伝線したストッキングはすてずに、お掃除に使っちゃいましょう。たとえば、ワイヤーハンガーにストッキングをかぶせて隙間に突っ込んでみると、ホコリがごそっと取れます。手にかぶせてブラインドの隙間にすべらせたり、割り箸にストッキングをかぶせてパソコンの細かいところのホコリを取ったり、蛇口やシンクをこすったら湯垢が取れたり。ほうきにストッキングをかぶせれば、天井のお掃除にも。ナイロンの摩擦でホコリを取るので、掃除するものを傷つけたりする心配もなし! 本当に重宝しますね。

 

特別なものはいりません。家にあるものでピカピカになるものはまだまだあるはず。1年の汚れは今年のうちに取り除いて、新しい年を気持ちよく迎えたいですね。

タグ: , ,
« | »