ピカピカな部屋で新年を迎えたい。大掃除のコツはこれだ!~キッチン・バス偏~

  

さて、2017年もあとわずか。街はクリスマスで大盛り上がりですが、それが済んだら、年末年始の準備にとりかからないと、あっという間に年があけてしまいますよーーー(って、年賀状もまだの私に言えることでもありませんが・汗)。年末にやってしまいたい、でも一番難儀するのはやはり大掃除! 私は毎年頭を悩まします。狭い空間なのにお手入れがなかなか行き届かない。でもこんなグッズ・アイデアがあれば一挙解決! そんなあれこれをご紹介します。

 

【キッチン偏】

 

やっぱりここはしっかりキレイにしておきたい! とくにシンクのよごれ、気になりませんか。コツも、買い足しも、ゴシゴシの力も不要。特別な洗剤もいりません。ここで登場するのがオリーブオイル。市販のものでいいんです。

 

  1. ざっくり水気を拭き取った蛇口やシンク綺麗にしたいステンレスなどのキッチン雑貨に、円をくるくる描くように塗り込みます。
  2. いつもの食器スポンジ(交換時など捨てる前が、そのまま捨てられてベストです)に食器洗剤を付け、洗います。
  3. 洗剤を丁寧に流し乾いた綺麗な布で拭き取ればOK

手を使ってオリーブオイルを塗り込むので、細い水切りバスケットも細かいところまで汚れが落ちまよ。

 

また、究極の裏技、なかなか落ちないコンロの油汚れには、ビールが効果的なのをご存知ですか? 飲み残したビールを布にしみ込ませてコンロをこすれば、簡単に汚れが落ちます。ただし、ビールが残ればですが……。その他にジーンズの端布、これ水垢を落とすのに大活躍します。これも試してみる価値アリ!

【お風呂偏】

 

お風呂で一番大敵なのはなんといっても「カビ」。壁やタイル、タイルの目地などは、最近出回っているカビ取り洗剤がかなり優秀で重宝しているのですが、やっかいなのは、パッキンですよね。細かいところに入ってしまって、なかなか撃退できないのが悩ましいです。そんなときには、カビ取り剤をしみこませたティッシュでパックをしてみましょう。

 

  1. カビ取り剤を塗布する部分に水けが残っていたら、かわいたぞうきんでふいておく。
  2. ゴム手袋にマスクをつけ、カビ取り剤をカビにスプレー。そこにティッシュペーパーを貼りつけて、その上から再びカビ取り剤をスプレーし、10~15分間放置。
  3. シャワーなどで水をかけ、カビ取り剤をしっかり洗い流します。

 

さあ、特別なものはいりません。すぐにでも試せますよね。次回はお部屋全般をご紹介します。

タグ: , ,
« | »