3人のリケジョが大活躍! 宇宙計画をささえた黒人女性の物語『ドリーム』

  

リケジョブームってまだ続いているのかしら? となると、この映画『ドリーム』はその「リケジョ」の先駆けとなる女性3人の物語。人種差別が横行していた1960年代初頭のアメリカで、初の有人宇宙飛行計画を陰で支えたNASA黒人女性スタッフの知られざる功績を描く伝記ドラマです。

 

米国がソ連とのし烈な宇宙開発競争を繰り広げていた1961年。キャサリン・ジョンソン、メアリー・ジャクソン、ドロシー・ヴォーンの3人は、優秀な頭脳を持つ黒人女性たちで構成される計算手グループのメンバーとしてNASAのラングレー研究所に勤務していました。しかし、この時代は人種差別がまだ色濃く残っており、NASAでも人種差別は顕著で、出世のチャンスもありません。そんな中、天才的な数学の才能をもつキャサリンは、宇宙特別研究本部の計算係に抜てきされるが、白人男性ばかりのオフィス環境は、キャサリンにとって決して心地よいものでなく、一方、ドロシーとメアリーもそれぞれ、黒人であるというだけで理不尽な境遇に立たされます。それでも3人はひたむきに夢を追い続け、やがてNASAの歴史的な偉業に携わることに――

監督は「ヴィンセントが教えてくれたこと」のセオドア・メルフィ。キャサリン役は、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のタラジ・P・ヘンソンが主演、ドロシー役を「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のオクタビア・スペンサー、メアリー役を「ムーンライト」などにも出演している歌手のジャネール・モネイがそれぞれ演じています。

 

人種差別を悲しく描いてる映画では決してありません。とにかく描かれている女性がとってもチャーミング。逆境に立たされているときでも、上司や同僚にウィットに富んだ皮肉や、論破するテクでその場を切り抜ける、そして、プライベートだって充実させ、職場でのキリッとした美しさとプライベートでのほんわかした可愛らしさのギャップが本当にうらやましい! でも、彼女達の存在感でうっかり忘れてしまいそうですが、この職場はNASA。ちゃんと宇宙飛行士(これがイケメン!)も登場するのて、こちらもお楽しみに。

 

ヒューマンともSFともとれてしまうこの映画、とにかく見応えアリですよ。

 


ドリーム(Hidden Figures)

 

製作年:2016年
製作国:アメリカ
配給:20世紀フォックス映画
上映時間:127分
映倫区分:G
http://www.foxmovies-jp.com/dreammovie/

タグ: , ,
« »