音楽とアクションの融合という新感覚を味わう『ベイビー・ドライバー』

  

“音楽”の魅力とアクションを高次元で融合させた映画がこれまであったでしょうか! 「音の力」を最大限引き出す『ベイビー・ドライバー』は、ただボリュームが大きいのではなく、やかましくない、クリアな台詞と音楽を両立させるのが「極上爆音上映」なのです。

 

幼い時の事故の後遺症によって耳鳴りに悩まされながら、完璧なプレイリストがセットされているiPodで音楽を聴くことで、驚異のドライビングテクニックを発揮するベイビー(アンセル・エルゴート)。その腕を買われて犯罪組織の逃がし屋として活躍するのですが、デボラ(リリー・ジェームズ)と恋に落ちたのをきっかけに、裏社会の仕事から手を引こうと考えます。ベイビーを手放したくない組織のボス(ケヴィン・スペイシー)は、デボラを脅しの材料にして強盗に協力するように迫り――

監督は、『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』などの英国の鬼才、エドガー・ライト。ハリウッド本格進出作となります。ベイビー役に新鋭アンセル・エルゴート、恋人役をリリー・ジェームズ、組織のボスをケヴィン・スペイシーが演じています。本作は批評家から絶賛され、映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには107件のレビューがあり、批評家支持率は98%、平均点は10点満点で8.3点。「スタイリッシュで、エキサイティングな作品であり、魅力溢れるサウンドトラックが作品の出来をさらに向上させていると大絶賛! スリルを犠牲にしなくとも、テンポの早いアクション映画を知的に仕上げることは可能だと証明した作品、ぜひ映画館で。

 


 

ベイビー・ドライバー(BABY DRIVER)

 

監督:エドガー・ライト
製作年:2017年
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズ エンターテイメント
上映時間:113分
映倫区分:G
http://www.babydriver.jp/

タグ: ,
« »