ご当地発車メロディ&接近放送、今さらならがに、まとめてみた!

  

お休み中、あちこち移動するのに電車を利用したのですが、普段利用しない路線とかに乗ると、流れてくる発車メロティがとても気になりだし……。発車メロディや接近放送が、ご当地にあったものがセレクトされ、これを聞きたいがためにわざわざ出向く人も多いとか! で、メロディ&接近放送のこと、ちょっとまとめてみました!

 

【発車メロディ編】

 

  • JR京浜東北泉・蒲田駅 ―― いわずと知れた『蒲田行進曲』。元々はオペレッタが原曲で、その旋律に作詞され、1929年に松竹映画の主題歌として発表。映画『蒲田行進曲』の主題歌になったもの記憶に新しいですね。
  • JR山手線・恵比寿駅 ―― 恵比寿を本拠地としたビール会社がCMで使用した『第三の男』。そもそも恵比寿はそのビール会社が出荷のために開設された駅なので、この曲の使用もうなずけます。
  • JR山手線・高田馬場駅 ―― 手塚治虫さん(社長)が務めていた手塚プロダクションの最寄り駅だったので『鉄腕アトム』。また、設定でお茶の水博士が長官を務めている、科学省が高田馬場にあるからという説も。
  • 東京臨海高速鉄道りんかい線・東京テレポート駅 ―― お台場が舞台なった『踊る大走査線』のテーマ。大崎方面は「C.X」、新木場方面が「Rhythm And Police」です。
  • 西武池袋線・大泉学園駅 ―― 東映アニメーションが長年あったことと、松本零士さんが近くに住んでいたこともあり、2009年より、『銀河鉄道999』が採用されました。劇中に登場した車掌さんは、名誉駅長に就任。

 

その他にも、JR東海道線・茅ヶ崎駅は、サザンオールスターズの『希望の轍』、西武新宿線・上井草駅の『翔べ!ガンダム』、阪急電鉄・宝塚駅は『すみれの咲く頃』と、突き詰めるとたくさんあります。

 

【接近放送編】

 

接近放送とは、電車が近づくと「○○行きがまもなく到着します」などのアナウンス。こちらも最近はご当地独特の楽曲が使われています。有名なのは、東武伊勢崎線・足利駅。森高千里さんのヒット曲『渡良瀬川』が使用されています。この曲にも歌われているように、渡良瀬橋から夕日がとてもきれいに見えるので、夕日を見がてら接近放送を聴きに、お出かけするのもいいかもしれません。また、小田急線・海老名駅では、海老名市・厚木市出身の音楽ユニット・いきものがかりの『SAKURA』が流れてきます。

 

 

お出かけしたら、駅で耳をすませると新しい発見があるかもしれませんよ!

 

 

タグ: ,
« »