世界最大のハンバーガー・チェーンはこうしてできた!『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』

  

あの世界最大のハンバーガー・チェーン「マクドナルド」の創設者、レイ・クロック。日本国内でも多くの起業家たちに、今なお絶大な影響を与え続けています。1軒のレストランを世界最大規模のファストフード・チェーンにした彼の辣腕(らつわん)ぶりや苦悩を描く映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』が公開中です。

 

1954年、アメリカ。シェイクミキサーのセールスマンである52歳のレイ・クロック(マイケル・キートン)は、8台もミキサーをオーダーしてきたマクドナルドというドライブインレストランに興味を覚え訪ねます。そこで、経営者のディックとマック兄弟による、高品質、コスト削減、合理性、スピード性などを徹底させたビジネスコンセプトに感銘を受けることに。契約を交わしてチェーン化を進めるが、ひたすら利益を求めるレイと兄弟の仲は険悪になっていき……。

型破りな起業家レイ・クロック役を演じるのは、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』でアカデミー賞主演男優賞ノミネートのマイケル・キートン。ギラギラとした野心と圧倒的な情熱を持ちアクは強いが人々を魅了するレイを見事に体現しています。レイの妻エセル役をローラ・ダーン、職人気質で人の良さがにじむマクドナルド兄弟役には、ニック・オファーマン(弟・ディック役)とジョン・キャロル・リンチ(兄・マック役)。監督は、『しあわせの隠れ場所』、『ウォルト・ディズニーの約束』のジョン・リー・ハンコック。マクドナルド兄弟の子孫や家族からの信頼を得て、兄弟とレイの書簡や記録写真ほか多くの資料をもとに、『レスラー』のロバート・シーゲルが書き上げたオリジナル脚本を映像化しました。

 

50代でマック&ディック兄弟が経営する<マクドナルド>と出会ったレイが、その革新的なシステムに勝算を見出し、手段を選ばず資本主義経済や競争社会の中でのし上がっていく姿は、まさにアメリカン・ドリームの象徴。レイと、兄弟の対立が決定的になる過程はスリルさえ味わえます。レイは、英雄なのか、それとも冷酷な怪物なのか。答えは映画を観て判断を!

 


 

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(The Founder)

 

監督:ジョン・リー・ハンコック
製作年:2016年
製作国:アメリカ
配給:KADOKAWA
上映時間:115分
映倫区分:G
http://thefounder.jp/

タグ: ,
« »