今年最後の天体ショー ~ふたご座流星群

  

今年の天体ショーの締めくくりは「ふたご座流星群」です。近年は出現が活発で、最大の流星群と呼ばれることもあります。今回は満月のため、残念ながら暗い流星は見えづらくなってしまいます。しかし、明るい流星であれば見ることも可能なので、あきらめずに観察してみてください。

 

ふたご座流星群が特に観察しやすいのが12月13日から14日頃。2016年は、12月13日の日没後から14日の夜明けまでが、もっとも観測に適しています。ピークは13日。前日の12日でも日没から深夜2時にかけてよく見えるでしょう。今年のこの日は、月明かりのため見えにくいので、月が昇りきる夜半前の方が観察しやすいです。流星が放射状に飛び出してくる放射点は、その名の通りふたご座α星のあたり。ただ、発光する位置はさまざまなので、基本はどの方位を観察してもよいです(月には背を向けましょうね)。

 

見える流星の数は、条件がよければ、一晩に500個以上観察できることがあります。また、望遠鏡や双眼鏡は要りません。速いスピードであっという間に流れてしまうので、全体を見渡せるよう、肉眼で観察しましょう。

 

ふたご座流星群の出現は天文ファンにとっては冬の一大イベント。ただ、寒い時期なので、防寒対策をしっかりして、楽しんでくださいね。

 

 

タグ: ,
« »