江戸時代から伝わる商売繁盛祈願 ~酉の市

  

関東の人にはお馴染みかと存じますが、11月に入ると、商売繁盛祈願のお祭りが都内はもちろん、あちこちで開催されます。商売繁盛のお祭りと言えば、「酉の市」ですよね。

 

酉の市は、例年11月の酉の日に開催されるお祭りで、商売繁盛を願う熊手を売る屋台が立ち並ぶ華やかな光景でも有名です。
今年は、一の酉が11月11日(金)、二の酉が11月23日(水)です。

 

そもそもの由来は、農民の間で行われた収穫祭として、おおとり神社に供物を届けたのが始まりです。それが、次第に農作物や農具などを売る市場に発展し、江戸時代に入って、めでたいものを飾った「演技熊手」が売られるようになったとか。

 

米俵や鶴亀、おかめなどを豪華に飾られた縁起熊手の買い方、ご存知ですか?

 

熊手は、福を掻き込む、運を取り込むという意味があります。熊手商との気風のいい駆け引きをしながら、縁起物の熊手を購入します。私が経験したところによると、最初の値段からたいては値引きをしてくれます。でも縁起物ですが、ちゃんとご祝儀をつけて、結局は“正規の値段”で購入するのが通例。決してケチってはいけませんよ。商談が成立すると、熊手商から威勢よく手打ちをしてくれます。これが粋な計らいで、買い手の気分を高揚させてくれるし、家内安全・商売繁盛の手締めでもあるので、思い切り手打ちしてくださいね。

 

ただ、注意が必要なのは、毎年少しずつ大きくしていくのが基本。なので、最初は背伸びせずよう、身の丈にあったものを選択しましょう。ビギナーが1,000円くらいの豆熊手から始めるのがよいでしょう(売れ筋は10,000円~50,000円ぐらい)。毎年買い換えるのは大変だ~~という場合は、三の酉だけ買いに来るという商売人の方も多いとか。

 

飾り方は、とにかく縁起物なので、高いところがベスト。玄関では入り口に向けて、家の中では北以外の東・西・南の方角に向けて飾るのがいいようですよ。

 

そして、次に買うときは前年に買った熊手を神社の納め所に納めるのを忘れずに。

 


 

【酉の市の行われる主な場所】

●大鷲神社(東京都足立区)

●鷲神社 (東京都台東区)

●花園神社 (東京都新宿区)

●大國魂神社 (東京都府中市)

●素盞男神社 (名古屋市中村区)

●長福寺 (名古屋市中区)

●大安寺 (静岡県浜松市中区)

●大鳥大社 (大阪府堺市西区)

タグ: , ,
« »