旅のお供には欠かせない! 「GW 駅弁vs.空弁」勝手にグランプリ★

  

GW真っ只中! これから旅行へという方も多いでしょう。そして、旅のお供といえば、やっぱり乗り物の中で食べるお弁当駅弁は定番、でも飛行機だっていまや空弁はあたりまえ。そこで、このGWの注目のお弁当をご紹介します。

 

まずは、東京駅の人気お弁当から。

 

東京駅改札構内に構える「GRANSTA(グランスタ)」、もう有名ですよね。こちらには、店内厨房で作ったできたての弁当・惣菜や、こだわりのスイーツなど、80 店舗以上が揃う改札内最大のショッピングスポットです。新幹線の中やお出掛け先などで楽しめる、バラエティに富んだお弁当が多く販売され、選ぶのに迷ってしまいそう! 今特に売れているお弁当はこちらです。

 

大人の休日弁当 春 (¥1,800)

 

旬の味覚を盛り込み、一品一品丁寧にこしらえた懐石弁当を吉祥文様「宝尽くし」の風呂敷で包んでお届け。お重は2段で、一の重には、さわら味噌漬焼、玉子焼、桜海老真丈串、山うど醤油漬、菜の花と白魚のかき揚、こごみ天ぷら、パプリカ揚、信玄どりと焼き野菜の金山寺味噌添え、二の重には、白飯(有機認証米秋田県産あきたこまち使用)、浅炊き桜海老、にしん甘露煮、筍とあさりの木の芽味噌添え、煮物(巻き湯葉、里芋、蓮根、飾り人参、いんげん)など、季節の食材をふんだんに使用しています。見た目も量も楽しくなるお弁当です。

 

豆狸(まめだ)のいなりずし(1個85円~)

 

大阪梅田発祥で、TVや雑誌でも紹介されたいなりずし専門店のいなりずし、、阪急うめだ本店では1日7000個を売り上げたという伝説を残しています。種類も豊富で1個から購入も可能です。お米がふっくらたきあがり、油揚げにしみこんだ出汁が効いており、油揚げとご飯の量のバランスがバツグンです。東京駅限定の豆狸カリーはぜひおすすめ。いなり寿司の味を殺さないカレーの風味が絶妙で、福神漬けも入って食感も楽しめます。とにかく行列必至なので、時間に余裕をもって購入してくださいね。

 

★GRANSTA MARUNOUCHI(グランスタ丸の内)
http://www.tokyoinfo.com/shop/mall/gransta_marunouchi/

 

 

次は空の玄関、羽田空港で人気の空弁のご紹介を。

 

羽田弁当(850円)

 

冨嶽三十六景の武州玉川が描かれたパッケージが特徴で、ご飯の上にアナゴとアサリ。そして、煮物と玉子焼き、鴨のローストで江戸前を表現したお弁当です。ごはんは香りのよい薄味の出汁で炊かれていて、おかずとの相性ぴったり。和風のお弁当を食べたい方にぴったりです。羽田限定販売なので、迷ったら、コレを買うべし。

(第二ターミナル「空弁工房」で販売)

 

松露サンド(648円)

 

築地の玉子焼き専門店つきぢ松露の玉子焼きを使用したサンドイッチ。パンに玉子焼きをはさみ、マヨネーズで味付け・・・というシンプルなものですが、食べてみると、玉子焼きからじゅわっと出汁があふれでてきて、びっくりします。マヨネーズも一味ちがって、この玉子焼きのマッチしています。タマゴサンドの概念を覆る逸品です。

(第二ターミナル 東京食賓館(時計台1番前)、空弁工房、デリーツで販売)

 

 

旅のお供の駅弁、空弁のセレクトに参考になりましたか。では、引続き、素敵なGWをお楽しみください!

 

 

タグ: , , , ,
« »