湘南の初夏を告げるイベント「湘南ひらつか七夕まつり」

  

梅雨まっただからこそ、満天の星空が恋しい。もうすぐ七夕ですね。当日は雨が降らず、彦星と織姫が1年ぶりの逢瀬を楽しんで欲しいと願うばかりです。さて七夕といえば、湘南地方で夏の始まりを告げるイベント、「湘南ひらつか七夕まつり」が有名ですね。「湘南ひらつか七夕まつり」は毎月7月に開催され、七夕飾り「竹飾り」はあの仙台七夕祭りにも負けないくらい豪華で華やかなんです。

 

「湘南ひらつか七夕まつり」の歴史は、戦争からの復興が一段落した昭和25年が始まり。昭和20年の大空襲で市街地の7割が消失する被害受け、終戦後、市民が力を合わせその復興に取り組み、それを記念した「復興まつり」が開催され、これが現在の「湘南ひらつか七夕まつり」に繋がっているのです。

 

かつての七夕祭りは、平塚市の主催で開催されていましたが、2011年の東日本大震災をきっかけに、市民主催の祭りへと生まれ変わりました。元々七夕まつりは「戦後からの復興」から始まったものなので、被災地の応援という形に移行するのも自然の流れかもしれませんね。

さて、湘南ひらつか七夕まつりの見どころは……まず、圧巻の竹飾り。その年の流行を取り入れた竹飾りがみられます。吹流しは、骨組みに竹、吹流し部分はビニールを使用、巨大で丈夫なので、それを生かして電飾が施されているのが最大の特徴。これ、他ではないんですよ。

 

街全体で盛り上がる七夕まつり、露店も充実していたり、パレードがあったりと、期間中は、平塚の中心地に行けば、何かしらのイベントに巡りあい、七夕を存分に楽しめますよ。

 


 

湘南ひらつか七夕まつり

 

開催期間:2017年7月7日(金)~7月9日(日) ※各日21時まで。最終日は20時まで
会場:JR平塚駅北口商店街を中心とする市内全域
昨年の人出:155万人
http://www.tanabata-hiratsuka.com/

タグ: , ,
« »