今年の大河ドラマの舞台、鹿児島で西郷どんゆかりの地を巡る

  

さて、昨年に引き続き、大河ドラマの舞台をめぐる旅、今年もお届けします。先日放送された『西郷どん』でも、風光明媚な場所、たくさん登場してきましたね。特に桜島。今でも火山活動が活発で、火山灰など住んでいる方々を悩ましているようですが、それでも皆さん、桜島が大好きのようです。そんな鹿児島の人が愛してやまない桜島を望めるお勧めの場所をご紹介します。

 

仙巌園

 

1658年(万治元年)に第19代当主であった島津光久によって造られた庭園で、28代島津斉彬もこよなく愛し、篤姫など多くの人を魅了しました。桜島を築山に、錦江湾を池に見立てた大きなお庭のようです。また、2015年には、「明治日本の産業革命遺産」として世界文化遺産に登録されました。先日の放送では、少年期の西郷どんが、この別邸に忍び込んでいましたね(笑)。島津家の歴史を伝える史跡が数多く残されているほか、園内には、郷土料理が味わえるレストランや、特産品を取り揃えた売店もあり、運がよければ、大名家ならではの様々な催しもあるので、チェックしてみてくださいね。

 


仙巌園

 

住所:鹿児島市吉野町9700-1
営業時間:午前8:30〜午後5:30(年中無休/かごしまマラソン開催日は除く)
入場料:大人(高校生以上) 1,000円/小中学生 500円/乳幼児 無料
http://www.senganen.jp/

城山周辺

 

市街地の中心部に位置する標高107メートルの小高い山で、明治10年西南戦争の最後の激戦地となったところです。そのため、西南戦争にまつわる史跡が多く存在し、特に中腹にある「西郷隆盛洞窟」は、西郷隆盛が西南戦争終結前の数日間を過ごした洞窟は有名ですね。明治維新の最大の立役者であると言ってもいい西郷どんが、最後に見た場所、景色、ぜひ確認してみてください。また城山ホテルの前にある「城山展望台」は、鹿児島のシンボルである桜島や錦江湾、市街地を一望でき、夜景もおすすめ。昔、激戦地だったのを忘れてしまいそうな景観です。

 


城山(城山展望台・城山自然遊歩道)

 

住所:鹿児島県鹿児島市城山町
アクセス:鹿児島中央駅からカゴシマシティビュー、まち巡りバス約20分「城山」下車すぐ
http://www.kagoshima-yokanavi.jp/data?page-id=2497

タグ: , ,
« »