ここまでやるか! マシュー様、極限の肉体改造で挑んだ「ゴールド/金塊の行方」

  

スチールを見たとき、誰っ! この人!? と衝撃でした。過去MAXの95kgに体重を激増、はげ頭のカツラがよりフィットするように頭をそり上げ、曲がった人口歯を差し込む……もう、私の知っているイケメン、マシュー・マコノヒーの姿はどのにもなかった……。そんな彼が究極の役作りで挑んだ映画『ゴール/金塊の行方』が公開中。1990年代のアメリカ経済に大混乱をもたらした詐欺事件、通称「Bre-X事件」をもとにしたクライムサスペンスです。

 

破産寸前だった探鉱者ケニー・ウェルス(マコノヒー)が、独自理論を持つ地質学者マイケル・アコスタ(エドガー・ラミレス)と組んで、インドネシアの山奥で過去最大と言われる巨大金脈を発見し、業界のちょう児に躍り出る夢と野望の物語が描かれるが、その先にはさらに驚く展開が。一夜にして170億ドル相当の金塊が消えるという驚がくの事態が発生し、ケニーに疑いの目が向けられる……。

 

主演は、『ダラス・バイヤーズクラブ』でアカデミー賞主演男優賞に輝いたマシュー・マコノヒー、「ガール・オン・ザ・トレイン」のエドガー・ラミレス、「ジュラシック・ワールド」で知られるブライス・ダラス・ハワードらが共演。監督を『シリアナ』などのスティーヴン・ギャガンが務め、主題歌をイギー・ポップがこの映画のために書き下ろしています。

「マシュー・マコノヒーが、渾身の役作りで挑んだ作品=本気で面白い!」と話題騒然となっていますが、彼の過去最高とも言える変貌ぶりで挑んだ本作が、「見逃せない1本」と評されています。1996年に公開された『評決のとき』で一躍有名になった彼は、『マジック・マイク』で男性ストリップクラブオーナー役で鍛えられた肉体とダンスで主役を食い、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』ではチョイ役なのに超インパクを与え、『ダラス・バイヤーズクラブ」では21kgの超減量で不屈のエイズ患者を熱演し、オスカーを受賞しています。そんななかの本作では「これがあの精かんなマコノヒー!?」と目を疑うほどのメタボ体型で、かつ頭頂部がはげ上がっているのに髪のえり足は長いという、とんでもないオヤジ姿……。『ダラス…』の時ときから+41kgという執念の役作りを果たしています。

裏切ったのは誰か、そして金塊の行方は? あっと驚くどんでん返しによるどんでん返しが待っているストーリーとともに、マシューの“怪演”も一緒に楽しんで。

 

 


 

ゴールド/金塊の行方(原題:GOLD)

 

上映中
製作年度:2016年
上映時間:121分
製作国:アメリカ
http://www.gold-movie.jp/

タグ: ,
« »