ブルーノ・マーズ、グラミー賞主要3部門、最多6タイトルを受賞!

  

この時期の風物詩でもある、米音楽界の祭典、グラミー賞第60回授賞式が1月29日(現地28日)、アメリカ・ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで開催されました。前回の授賞式で主要部門の受賞を逃し、波紋を呼んだ妻・ビヨンセのリベンジなるか!?と注目された、最多8ノミネートのジェイ・Zが大本命と言われた中、なんとタイトルを奪い取ったのは、ハワイ出身のブルーノ・マーズ。「Thats What I Like」で最優秀楽曲、「24K Magic」で最優秀レコード、『24K Magic』で最優秀アルバムの主要3部門を独占。ノミネートされていた計6部門すべてを受賞するという快挙を成し遂げたのです。

 

受賞後のインタビューでは、開口一番「信じられません。皆さん本当にありがとう」とあいさつし、続けて「最初に他のカテゴリーの候補者、ジェイ・Z、(チャイルディッシュ・)ガンビーノ、皆さんたちがいて私も努力ができます。皆さんのおかげもあるんです」と感謝。「このアルバムで皆さんに愛をもたらしたい、この曲を聴いて皆さんに踊ってもらいたんです」と作品に込めた思いを明かしました。

 

「最優秀新人賞」はアレッシア・カーラ。ジェイ・Zに次ぐ7部門にノミネートされていたケンドリック・ラマーは主要部門は逃したものの、 最優秀ラップ・アルバムなど計5部門を受賞。日本人(シンセサイザー奏者・喜多郎)は残念ながら受賞を逃しました。

また、今回注目されたのが、セクハラや性差別に抗議するムーブメントの一環として、アーティストたちが白いバラを身に着けて登場したこと。今月7日に行われた『第75回ゴールデン・グローブ賞』では、女優たちが黒いドレスを着用して連帯を示したことに、音楽界も続いた形になりました。音楽的観点からも注目度が高いグラミー賞ですが、ファッション1つを取っても深い想いが込められているんですね!

 

【主要4部門】

 

  • 年間最優秀レコード賞/ブルーノ・マーズ「24K Magic」
  • 年間最優秀アルバム賞/ブルーノ・マーズ「24K Magic」
  • 年間最優秀楽曲賞/ブルーノ・マーズ「That’s What I Like」
  • 最優秀新人賞/アレッシア・カーラ

 

【そのほか部門】

 

  • 最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)賞/エド・シーラン「Shape of You」
  • 最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)賞/ポルトガル・ザ・マン「Fell It Still」
  • 最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞/エド・シーラン「÷」
  • 最優秀ラップ・パフォーマンス賞/ケンドリック・ラマ―「HUMBLE.」
  • 最優秀ラップ・歌唱・パフォーマンス賞/ケンドリック・ラマー feat. リアーナ「LOYALTY.」
  • 最優秀ラップ・ソング賞/ケンドリック・ラマ―「HUMBLE.」
  • 最優秀ラップ・アルバム賞/ケンドリック・ラマ―『DAMN.』
  • 最優秀R&Bソング賞/ブルーノ・マーズ「That’s What I Like」
  • 最優秀R&Bパフォーマンス賞/ブルーノ・マーズ「That’s What I Like」
  • 最優秀 R&Bアルバム賞/ブルーノ・マーズ『24K Magic』
  • 最優秀最優秀ロック・ソング賞/フー・ファイターズ「Run」
  • 最優秀ロック・アルバム/ザ・ウォー・オン・ドラッグス「A Deeper Understanding」
  • 最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞/ザ・ウィークエンド「Starboy」
  • 最優秀ミュージック・ビデオ/ケンドリック・ラマー「HUMBLE.」

他

タグ:
« | »