並木を制す者は桜も制す。宴会が少ないのオススメ桜並木はここだ!

  

東京でソメイヨシノの開花が宣言され、そろそろお花見の計画を立てなきゃ!と思っている方、多いでしょう。私も桜の下で飲み食い(というかほとんど飲みなのですが)するのが大好き! でも、お花見できる場所は、お酒を飲む私が言うのもなんですが、匂いとか気になるじゃないですか。桜の香りがする風を感じながら楽しみたいもの。そこで、飲食が禁止、禁止ではないけど暗黙の了解で宴会をするひとが少ない、おすすめの桜並木をご紹介します。

石神井川桜並木

 

板橋区の桜川地区から加賀地区までの石神井川の両岸に約1000本の桜が咲き誇る区内屈指の桜並木です。普段はコンクリートの味気ない川ですが、桜の咲く時期は一変します。また桜が散り始めると、花びらが川面をピンクに染め、流れに乗って美しい模様が現れ、長い期間桜を楽しめます。桜が見ごろになる時期はライトアップも。

 


 

桜データ

 

見頃:3月下旬~4月上旬
本数:約1000本
人出:約1万人

 

【アクセス】
東京都板橋区中板橋ほか
地下鉄新板橋駅から徒歩4分、または東武東上線中板橋駅から徒歩5分

 

 

国立市大学通り・さくら通り

 

国立駅南口からまっすぐ南に延びる大学通りは、大きな桜とイチョウの木が並び、四季折々、道行く人々を楽しませてくれます。また、さくら通りは、大学通りの先にある東西に延びる通りで、名前のとおり、両側には桜の木が植えられています。こじんまりとした国立駅から一橋大学に向かって延びる通りの両側を大きな200本の桜が見事なアーチを描く。学生の街ならではのにぎやかなお花見の光景も。

 

4月1・2日には、近くの谷保第三公園で、地元商工会が中心となって、さくらフェスティバルが開催。ステージイベントやフリーマーケットなどが行われ、多くの人で賑わいます。

 


 

桜データ

見頃:3月下旬~4月上旬
本数:約340本

 

【アクセス】
東京都国立市東1ほか
JR中央線国立駅からすぐ(大学通り)

 

 

かむろ坂桜並木

 

品川百景の一つにもなっている「かむろ坂」(小山台1~西五反田4)の桜並木は、延長約480メートルあり、満開の桜が空を覆うように咲き誇り、区外にも知られるお花見スポットとなっています。かむろ坂は山手通りを坂下として、全長約500メートル、幅は13メートルの坂。ちなみに、かむろ坂の「かむろ」とは、江戸時代の高級遊女の召使いの少女のことです。恋人が処刑された遊女が自害し、それを心配したお付かむろが心配して探しに出かけたところ、この坂の付近で襲われ、近くの桐ヶ谷の池に身を投げたという伝説がある曰くつきの坂です。そんな悲しい伝説を桜が慰めるかのように咲き誇ります。人出があまりないためゆっくり楽しめるかも

ただし、4/2は、かむろ坂さくらまつりが開催され、ビアウォークや着物レンタルなど露店が出店され、にぎやかになります。

 

 


 

桜データ

見頃:3月下旬~4月上旬

 

【アクセス】
東京都品川区西五反田
東急目黒線不動前駅すぐ

タグ: , ,
« »