ジブリ作品に登場する魅力的な食べ物たちを体験『食べるを描く。』

  

スタジオジブリの映画って、人物はもちろん、背景や小物の描写も美しく、細かいディテールにこだわって、そういうところが好きなのですが、今回は“食”に特化した企画展が、三鷹の森ジブリ美術館で開催中です。

 

例えば、「千と千尋の神隠し」で、千尋がハクにもらった“おにぎり”を涙を流しながら食べるシーン。そして「ハウルの動く城」の中で、ハウルが“ベーコンエッグ”を作り、ソフィーとマルクルたちと食べるシーン……。スタジオジブリ作品の中で、多くの人の記憶に残るのが“食事のシーン”を再現したこの展示会は、数秒間のために描かれた原画や絵コンテ、背景画などの制作資料を見せながら、“食事シーン”を表現するための工夫や作画の技術、作り手の意図などを解説しています。また「となりのトトロ」のサツキとメイの家の台所と、「天空の城ラピュタ」のタイガーモス号のキッチンを実物大で制作。“サツキ”や“シータ”が調理していた映画の世界を体験して楽しめるほか、映画制作の資料となるような参考図書の紹介コーナーも設置。

 

食べものが本物よりも美味しそうに見え、幸せな気分にさせてくれる食事のシーンはどのように描かれているのか……ジブリならではの手法をその目で実際に見て確かめてください。


 

企画展『食べるを描く。』

 

期間: 2017年5月27日(土)~2018年5月(予定)
会場:三鷹の森ジブリ美術館
主催:(公財)徳間記念アニメーション文化財団
特別協力: スタジオジブリ 
協賛: 株式会社日清製粉グループ本社、丸紅新電力株式会社

当美術館は予約制です。ご予約方法など詳しくはこちらから
http://www.ghibli-museum.jp/top.html

タグ: , ,
« »