瀬戸内の旅はまず小豆島を押さえる!

  

瀬戸内海の島々はアートで盛り上がり、アイランドホッパーが押しかけている昨今ではありますが、「瀬戸内ビギナー」はいまいち手は出せないよね・・・そんな方にはまず、最初にいくべし!は、

小豆島がおすすめです。

瀬戸内海の中で2番目の大きさである小豆島は、アクセスが他の島比べ便利。新鮮な魚介類や、始めて日本で栽培が成功したオリーブ、400年の歴史を誇る醤油、手延べそうめんなどのグルメ、寒霞渓、中山の棚田、エンジェルロードなど絶景の宝庫でもあります。また、歴史的建造物や二十四の瞳映画村など見所もいっぱい。

昭和初期の風景が広がる「二十四の瞳映画村」。中には、大石先生と生徒たちの像、壷井栄文学館や「二十四の瞳」を上映する映画館、日本映画ギャラリー、季節を彩るお花畑もあります。

日本三大渓谷美のひとつでもある寒霞渓。ロープウェイから眺める山々や渓谷や、山頂から見える瀬戸内海も見ごたえあり。

 

そのほかにも見所はいっぱい。晴天率もいいので、季節を選ばずいつでも楽しめるはず!

 


 

小豆島ナビ
http://shodoshima.or.jp/

 

小豆島オリーブ園
http://1st-olive.com/

 

二十四の瞳映画村ホームページ
http://24hitomi.or.jp/

 

寒霞渓ロープウェイ
http://www.kankakei.co.jp/

タグ: ,
« »