1人の少年の生き様を3つのライフステージで描く「ムーンライト」

  

誤認発表など、なにかと第89回アカデミー賞。その作品賞に、下馬評が高かった「LA LA LAND」を押さえた「ムーンライト」が受賞、他、脚色賞、助演男優賞の3部門を受賞し、大きな話題をさらったのは記憶に新しいでしょう。この映画は、人種問題、貧困、LGBTであること、家族の姿ー数々の重いテーマに新鮮な切り込みを入れ、少年期、ティーンエイジャー期、成人期の3つの時代構成で描いたヒューマンドラマです。

 

ストーリーは、マイアミの貧困地域で暮らす内気な少年シャロンの時代から始まります。学校では「チビ」と呼ばれていじめられ、家庭では麻薬常習者の母親ポーラから育児放棄される毎日を送るシャロンだが、優しく接してくれる近所に住む麻薬ディーラーのフアン夫妻と、唯一の男友達であるケヴィンとの交流が、心の支えでした。やがてシャロンは、ケヴィンに対して友情以上の思いを抱くようになるのですが、自分が暮らすコミュニティではこの感情が決して受け入れてもらえないことに気づき、誰にも思いを打ち明けられずにいるのです。そんな中、事件が起き、シャロンの人生を大きく狂わせてしまう――。

 

 

 

 

プロデューサーとしてアカデミー賞受賞作「それでも夜は明ける」も手がけたブラッド・ピットが製作総指揮。本作が長編2作目となるバリー・ジェンキンスがメガホンをとりました。主人公のシャロン(リトル/アレックス・ヒバート、シャロン/アシュトン・サンダース、ブラック/レヴァンテ・ローズ)とシャロンの一番の親友(ジェイデン・パイナージャレル・ジェロームアンドレ・ホランド)は、3つ世代ごとに配役し、母親ポーラ役に「007」シリーズのナオミ・ハリス、麻薬ディーラーのフアン役にテレビドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」のマハーシャラ・アリを起用。

 

3人の主人公は、当然別々の俳優が演じていますが、同じ内面を持つ、同じ1人の人物にしか見えないのが不思議です各年代で目覚めていく様を、“同じ瞳”がで表現しているからなのかと思います。これを実現させたのは、「映画において、“目”は観客のための窓である」というジェンキンス監督の強いこだわりがあったからこそ。「同じフィーリング、同じ雰囲気、同じ要素をもつ俳優を探そうと思った」と、あらゆる手を尽くして、同じ光をたたえた目を持つ3人を探し抜いたのだそう。

 

シャロンが成長していく中で、彼の苦悩、葛藤のテーマが少しずつシフトしていきます。そして、第3章を終える頃には、映画は冒頭とはまったく別の何かに変身していく――まるでさなぎが蝶に羽化してくかのように。そして私達は、そんな彼の生き様の傍観者となるでしょう。

 


ムーンライト(MOONLIGHT)

 

2016年/アメリカ
配給:ファントム・フィルム
上映時間:111分
映倫区分:R15+
http://moonlight-movie.jp/

 

タグ: , ,
« »