トム・クルーズが史上最高のワルを演じた『バリー・シール/アメリカをはめた男』

  

『トップ・ガン』の大ヒット以来、2枚目“ヒーロー”街道まっしぐらのトム・クルーズが、キャリア史上最高の“悪”を演じた話題作、『バリー・シール アメリカをはめた男』が公開中。彼が演じたのは、パイロットからCIAエージェントに転身し、麻薬の運び屋として暗躍した実在の人物バリー・シール。バリーの嘘のような人生がアクション、コメディ要素満載で描かれています。

 

天才的な操縦技術を誇り、民間航空会社のパイロットとして何不自由ない暮らしを送っていたバリー・シール(トム・クルーズ)。ある日、CIAエージェントからスカウトされたバリーは、CIAの極秘作戦に偵察機パイロットとして加わることに。極秘作戦の過程で伝説的な麻薬王パブロ・エスコバルらと接触、麻薬の運び屋としても才能を発揮してしまう。ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に麻薬密輸ビジネスで数十億円の荒稼ぎをするバリー。だがそんな彼の背後には、とんでもない危険が迫ってきて――。

監督は、映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』でトム・クルーズと過去にタッグを組んだことがあるダグ・リーマン。『エクス・マキナ』などのドーナル・グリーソン、『21オーバー 最初の二日酔い』などのサラ・ライトらが共演します。クルーズは本作に度々登場するフライトシーンのスタントを自ら担当。リーマン監督は「開いた口が塞がらないほど、大胆不敵」とコメントするほど、危険きわまりないシーンに挑み続けたとか。

 

これまで見たことのない、髪の毛が乱れたトム・クルーズの姿が、今までのイメージとは異なる役柄であることを強調されているのがわかる当作品は、ぜひ映画館で!

 


 

バリー・シール/アメリカをはめた男 BARRY SEAL

 

監督:ダグ・リーマン
製作年:2017年
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
上映時間:115分
http://barry-seal.jp/

タグ: ,
« »