いよいよブーム到来か!? 将棋の世界にはまってみる

  

病を患い亡くなった天才棋士村山聖の将棋人生を描いた『聖の青春』や、17歳のプロ棋士の成長を描く映画『3月のライオン』が公開し話題になったりとか、昨年10月にプロ入りを果たした藤井聡太四段が羽生善治三冠に勝利し、更に連勝中だったりとか。はやまたTV「マツコデラックス」にも出演中のひふみんこと加藤一二三九段の露出も増えたり……と、今、将棋会が熱く盛り上がっています。でも、やるにしても観戦するにしてもいまいちルールがわからん! だったら、このブームに乗っかって、将棋のことを知ってみるというのもいいかもしれません。

 

将棋の歴史は、平安時代までに遡るであろうといわれいます。平安時代から室町時代にかけては、8×8、13×13、17×17など、様々なマス目(現在は9×9)の将棋版で遊ばれていました。江戸時代に入ると、将棋は囲碁と共に幕府から保護を受け、盛んに遊ばれるようになります。将棋の実力で幕府から俸禄を受ける家元制を導入するのですが、江戸幕府がなくなった明治時代には家元制が消滅。以降は終生就位だった名人位を実力による短期名人制に変更したり、将棋の普及発展と技術向上を図る「日本将棋連盟」を結成するなど、たくさんの改革を行い現在に至っているそうですよ。

将棋を始めるにあたり、ルールを覚えるのはネックですよね。今は簡単な説明がインターネットでも検索できるし、それを見て覚えるのもいいのですが、

http://www.koichi.jp/shogi/rule/howto/

思い切ってネットゲームなどを利用してみるのはいかがでしょうか。ルールを覚える一番の近道はゲームをプレイするのが一番。ゲームならルールに反することを行っても、操作できない仕様になっていますし、何回も気軽にやり直すことができます。その中で、自然と将棋のルールが身についていくはずです。

 

プロを目指すのはかなりの狭き門ですが、まずはアマチュア将棋の域の10級から六段までを目指してみるのはどうでしょう。段級の認定はインターネットの認定試験を受けるか、プロ棋士に段位を認められれば免状を申請できるようです。他にもテレビや雑誌、日本将棋連盟公認のオンラインゲームなどで規定の点数を取ることでも可能。「アプリやってたら昇級したんだけど…申請すれば免状もらえるってすごいな」と驚く人もいるようですよ。

 

また、最近では、観る専門の将棋ファン「観る将」も増えているんですって。勝負のなりゆきに注目する一方で、あらゆる将棋イベントに足繁く通い、贔屓の棋士の話す言葉に耳を傾けたり、パーティーなどで棋士たちとの交流を図ったりと、様々な楽しみ方をしているらしいです。

 

どちらにしてもルールがわからないと将棋は楽しめないので、まずは自分で将棋の世界に飛びこんで、自分の肌で感じてみるのが肝心ですね。

タグ: ,
« »