美しくもせつない、衝撃のバレエ・ミステリー「ジゼル」が開幕!

  

美しく華麗なバレエを舞台に繰り広げられる、人間感情を取り巻く世界がミステリーとなった『ジゼル』が今評判になっています。「バレエ」「ミステリー」、イメージ的に結びつかない感じがしますが、バレエ団の人間関係、たとえば嫉妬とか、愛憎の中で進んでいくストーリーが、実際のバレエの演目「ジゼル」の舞台展開とリンクしてるという斬新な手法を用いていて、バレエファンは必見、そうでない方もこの新しい展開に目が離せない内容となっています。

 

東京グランド・バレエ団の創立15周年記念公演の演目が「ジゼル」に決定し、如月花音は準主役のミルタに抜擢される。このバレエ団では15年前、ジゼル役のプリマ・姫宮真由美が代役の紅林嶺衣奈を襲った末に死亡する事件が起き、「ジゼル」はタブーとなっていた。そんな矢先、目撃された真由美の亡霊。公演の準備を進める中、配役の変更で団員の間には不協和音が生じ、不可解な事件が相次いで…。『ジゼル』の封印を解いた時、悲劇的な死を遂げたプリマの想いが甦る――。

 

著者の秋吉理香子さんは、バレエ小説を書くにあたり、たまたま一番近い日の公演を探していたところ「ジゼル」と出会ったそう。それが、ラブストーリーあり、美しいゴシックホラー調でもあり、シンプルが構成ながらも深い作品とジゼルを題材にすることを即決したそう。小説内では、主人公がトウシューズを床に叩きつける場面があります。実際に新しいトウシューズをなじませるために行う作業ですが、華やかなバレエの世界の裏では、地道で地味な努力をしている……そんな細かくリアルなディテールも描写しています。

 

まるで映画「ブラックスワン」の小説版?思わせるような、切ない世界、読み続けていても著者の巧みなミスリードで、衝撃のラストは、秋の夜長の読書でお迎えください。きっとスタンディングオベーションを送りたくなるはず。

 


 

ジゼル

 

著者:秋吉理香子
単行本: 341ページ
出版社: 小学館 (2017/9/26)

タグ: ,
« »