“日本一の極楽地”と人気急上昇中の長瀞、秋ならではの楽しみ方

  

車や電車で都心から約2時間、都市近郊と思えぬ自然が広がる長瀞は、美しい自然の景観が極楽地として、人気急上昇のスポット。天然氷で作った絶品すぎるかき氷や、ラフティングなどのアクティビティ、ライン下りキャンプなどのアウトドアと、春から夏の観光地のイメージが強いですが、秋から冬にかけても十分に楽しめます!

 

秋といえば紅葉。美しい景観とともに紅葉もいっぺんに楽しめちゃうのが、長瀞。荒川流域を染めるモミジ、クヌギなどの紅葉風景をゆったりと楽しむ「長瀞ラインくだり」はおすすめです。特に名所とされるのが500mにわたって続く岩畳と、その対岸の赤壁で、奇観と紅葉のコントラストが堪能できます(冬季は、ポカポカ暖かいこたつ舟が登場!)。もうひとつのおすすめは、宝登山ロープウェイ。色づく秩父の山々を眺めることができるほか、紅葉シーズンは、夕やけ観賞便の運転もするそうですよ。紅葉期間中は紅葉まつりライトアップイベント、点灯式、コンサートなど、イベントも多数開催されます。

 

また、長瀞は温泉施設も充実。紅葉を楽しんだ後は、温泉で体を温めて、おいしいものを食べて都心へ戻る――という日帰りショートトリップも可能。もちろん、周辺には温泉宿もあるので、ライトアップをゆっくり楽しんで、一泊して帰るもよし。あなたなりの長瀞の楽しみ方を演出してみてください。

 


 

【紅葉の見ごろ】

11月上旬~11月下旬

【アクセス】

  • 池袋から池袋から西武池袋線(特急)で西武秩父まで約80分、西武秩父駅から秩父鉄道(お花畑駅)まで徒歩10分、秩父鉄道(お花畑駅)に乗換えて約20分
  • 池袋から東武東上線で寄居まで約80分、秩父鉄道に乗換えて約20分
  • 上野から高崎線で熊谷まで約60分、秩父鉄道に乗換えて50分

 

☆長瀞町観光協会
https://www.nagatoro.gr.jp/

タグ: , ,
« »