ピースの又吉直樹による小説『火花』が映画化! アホで愛おしい青春物語。

  

お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹第153回芥川賞受賞を受賞し話題になった『火花』、すでにドラマ化されている同名小説がついにスクリーンに。2016年にWebドラマとしてネット配信され、翌年の2017にはNHKで再編集版が放送されました。そして新たに勢いあるキャストを迎え、満を持しての映画化です。

 

まったく芽が出ない芸人の徳永(菅田将暉)は、営業先の花火大会で先輩芸人の神谷(桐谷健太)と出会います。コンビで奇想天外な漫才を披露する神谷の姿に魅了された徳永は、神谷に弟子入りを懇願。「伝記を作る」事を条件に弟子入りを承諾した神谷は、人間味にあふれ、天才的な奇想の持ち主でもあり、徳永はだんだん惹かれていきます。ふたりは毎日のように飲みに出かけては芸の議論を交わし充実した日々を送るようになるが、そんな2人の間にいつからかわずかな意識の違いが生まれるようになり――

監督は、近年個性派俳優としても活躍する板尾創路が務め、徳永役に、今年4本も主演映画がある人気若手俳優・菅田将暉、神谷役にアツイ演技に定評がある桐谷健太を迎え、映画監督の豊田利晃が脚本で参加しています。板尾は大阪出身の菅田と桐谷をキャスティングが理想の布陣だったこと告白し、オファーを受けた主演両名も「演技以上に漫才師として笑わせたい気持ちがあった」とのことで、リハーサルとは違ったネタを本番で見せるなどのエピソードを交えながらインタビューに答えています。さらに、板尾の希望により、映画のラストを飾る主題歌はビートたけしの名曲「浅草キッド」を2人がカバー。売れることを夢見て日々もがく若手芸人について歌った内容が映画にぴったりです。

 

漫才の世界に飛び込んだものの結果を出せずにいる男と先輩芸人を通して、厳しいお笑いの世界で切磋(せっさ)琢磨する若者たちの姿はきっとたくさんの笑いと涙を誘うことでしょう。

 


 

火花

製作年:2017年
製作国:日本
配給:東宝
上映時間:121分
映倫区分:G
http://hibana-movie.com/

 

タグ: ,
« »