今まさに社会問題のSNSが背景に! 脅威のサスペンスムービー『ザ・サークル』

  

「インスタ映え」が流行となっている昨今、「いいね!」を獲得するための被写体やネタを探し回わったあげく、SNS疲れに陥り……なんていう話題がよくあがったりしていますが、いま社会がかかえているSNSの光と闇がテーマの映画『ザ・サークル』が公開中です。

 

本作の舞台となるのは、世界ナンバーワンのシェアを誇る超巨大SNS企業「サークル」。同社が手掛けるのは、実名で登録すると、ワンアカウントでやりたいことが何でもできる、という総合ネットサービス。経営者ベイリー(トム・ハンクス)は、全人類が見聞きした美しい景色や、刺激的な体験を、SNSを通じてみんなで「シェア」し、個人の情報すべてを何ひとつ隠すことなくオープンにする完全な社会を理想としていた。そんな企業に勤めることになったメイ(エマ・ワトソン)は、ある日、新サービスのモデルケースに選ばれ、自らの24時間をネットワークで全世界に公開することになる。すぐさまメイは1,000万以上のフォロワーに注目されるようになるが――。

デイヴ・エガーズ氏の同名小説を映画化は、ジェームズ・ポンソルト氏がメガホンを取り、原作者のデイヴも脚本で参加。地味で真面目な田舎娘から、SNS企業の社員としてエキセントリックなインフルエンサーへ変貌していく主人公メイを演じるのはエマ・ワトソン。SNSによって、世界を改革しようとするカリスマ経営者を演じるのはトム・ハンクス。いつもの愛嬌たっぷりのトム・ハンクスとはひと味違います。

 

FacebookやTwitter、Instagramなど世界中で多くの人が利用しているSNS。私も投稿のときは、一緒に移っている友人をタグつけする時は一言断ったり、公開範囲を狭めたり、気をつけてはいるのだけど、ふと、これ大丈夫か?と思うことが多々あります。SNSの未来には、プライバシーがなくなるのではないか。そんな不安を解消するのは、やはり顔と顔を付け合わすそんな人間関係なのかなと、思うのでした。

 


 

ザ・サークル(THE CIRCLE)

 

製作年:2017年
製作国:アメリカ
上映時間:1時間50分
配給:ギャガ
映倫区分:G
http://gaga.ne.jp/circle/

タグ: ,
« »