挫折からの復活劇となるか!? シリーズ3作目、映画『カーズ/クロスロード』

  

レーシングカーのライトニング・マックィーンを筆頭に、車たちの活躍を描くピクサー・アニメーション・スタジオのアニメ映画「カーズ」シリーズ第3作、『カーズ/クロスロード』が日本にて本日封切りです。すでにベテランの域に達しつつあるマックィーンが、次世代レーシングカーの台頭と、レース中の大クラッシュをきっかけに人生の岐路に直面し、大きな決断を迫られる姿、まさに“クロスロード”を描きます。

 

迷い込んだ田舎町ラジエーター・スプリングスで、心優しい仲間との触れ合いから、自分勝手だった性格を改めたスポーツカーのライトニング・マックィーン。目覚ましい活躍を見せてきたマックィーンだったが、最新型レーサーが次々と台頭してきて苦戦の中、レース中にクラッシュ事故に遭遇。事故後修理を終え、レーサーとして再起を誓い、自主トレーニング始めたマックィーンでしたが、なかなか成果のあがらない彼に、引退という文字がちらつき――。

監督を務めるのは、『カーズ』シリーズなどに携わってきたブライアン・フィー。シリーズ前2作の監督でもあるジョン・ラセター製作総指揮を務めています。ラセターは、本作について、「物語はとても感動的で『カーズ』に少し似ていて、さらに深い感情に入り込んでいくものなんだ。『カーズ/クロスロード』はとても特別なストーリーで、感動的で、マックィーンとドック・ハドソンの関係や、彼のドック・ハドソンの思い出も描かれているんだ」と明かし、フィーについては、「ブライアンはオリジナルストーリーから関わっているから、この作品のDNAについて完全に理解しているよ」と太鼓判を押しているんですって。

 

夢の続きか、それとも新たな道か――? 人生の岐路(クロスロード)に立たされたマックィーンの運命と、彼を取り巻く仲間達の熱い想いはぜひ劇場で。

 


 

カーズ/クロスロード(Cars 3)

 

監督:ブライアン・フィー
製作年:2017年
製作国:アメリカ
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
上映時間:102分
http://www.disney.co.jp/movie/cars-crossroad.html

タグ: , , ,
« »