新茶の季節こそ、世界初のハンドドリップで淹れたての日本茶を楽しむ

  

夏も近づく八十八夜……歌でもあるように、GWは新茶の季節でもあります。せっかくだから、おいしい新茶を楽しみたい。そんな方におすすめのお店があるんです!

 

三軒茶屋に今年1月にオープンした、「東京茶寮」は、日本各地から仕入れた単一農園・単一品種の「シングルオリジン煎茶」を、バリスタがハンドドリップで提供する新しいスタイルの日本茶専門店。ここは、高品質な日本茶をライフスタイルに取り入れ、最大限に楽しむために誕生した「green brewing」のブランドストア1号店です。

 

東京茶寮は、日本茶のために開発されたドリッパーと職人の技術を凝縮した体験型店舗で、独自に開発・デザインした日本茶専用ドリッパー(※特許出願中)を用いることで、日本茶の甘味・旨味・渋味や香りはもちろん、独特の空間の中でこれまでにない日本茶体験を味わえます。仕入れられた茶葉は、徹底した湯温の管理と蒸らし時間の調整により、ワインや日本酒に劣らず違いを明確に感じられる飲み比べメニューを提供。茶葉の違いだけでなく、ドリップするお湯の温度を1煎目(70℃)/2煎目(80℃)/3煎目(80℃〜)と変化させることで、アミノ酸・カフェイン・カテキンの抽出具合をコントロールし、同じ茶葉でも3煎美味しく味わえるメニューになっています。

 

 

シンプルな内装は、オーナーが茶室を再解釈したもので、国産の無垢材を使用したカウンターで、注文ごとに目の前でバリスタがお茶をドリップする姿を見ながら、ゆったりとした時間が過ごせるよう工夫されています。こちらで楽しんだお茶は、新鮮な状態を保つパッケージで店頭にも並んでいますので、美味しい日本茶をご家庭でも楽しめますよ。

 

お茶のブレンドである「合組(ごうぐみ)」を行うことができる専用カウンターもあり、、オリジナルの配合や焙煎などを通じてお茶を深く楽しむワークショップやイベントも随時開催。日本茶にあうお菓子もラインナップされ、日本の季節感や陶磁器との組み合わせによる変化も定期的に楽しめるとのことです。

 

 


 

東京茶寮

 

所在地:東京都世田谷区上馬一丁目34番15号
アクセス:田園都市線 三軒茶屋駅 南口Bより徒歩7分
営業時間:(2017年2月1日から) 平日 13:00〜20:00 / 土日祝 11:00〜20:00
定休日:月曜日(祝日の場合翌日休み)
http://www.tokyosaryo.jp/

 

タグ: ,
« »